〒350-1126 埼玉県川越市旭町1-10-9
駐車場あり
TEL:049-243-7987

川越市の一般歯科、予防歯科、義歯、インプラント さとう歯科医院 川越駅徒歩10分駐車場あり

ホーム

医師の紹介

医院案内

交通案内

診療案内

初診の方へ

マタニティ歯科

HOME»  マタニティ歯科

マタニティ歯科検診のすすめ

女性の体は妊娠によって大きく変化します。
外形はもちろん、体の中、生活スタイルも変化していきます。意外かも知れませんが歯ぐきや歯にも問題を引き起こすことをご存じでしょうか?

そのようなことにならないように安定期の期間に歯科検診を受けることをおすすめします。

自分と生まれてくる赤ちゃんのための歯の健康つくり

妊娠により女性ホルモンのバランスが崩れるし自分の体の免疫力が低下します。低下すると口の中では細菌が増え口内炎や親知らずが腫れたりする歯ぐきのトラブルが起こりやすくなります。口の中の二大疾患は「むし歯」と「歯周病」です。どちらも「細菌による感染症」です。ですからトラブルを回避するためにもお口の中を清潔にすることが必要なのです。

乳歯が作られる時期に注意すべきこと

妊娠2~3ヶ月 妊娠4~6ヶ月 生後6ヶ月~
歯の元になる歯胚ができる 石灰化が始まる 乳児として生え始める

上記のように赤ちゃんが生まれるときには、すでに乳歯が変わる準備が整っています。
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には「むし歯菌」や「歯周病菌」はゼロです。生後大人と同じスプーンやフォーク、ストローを使用したり、食べ物の口移しやスキンシップのキスなどにより菌が移り感染するので、注意が必要です。

PAGE TOP